Github 超初心者の私が、せめてGithub リポジトリのページがどういうものなのか?を理解するため、
端末の「git」はインストールせず、ブラウザで「github」上だけで体験シミュレーションして使ってみる試み。シリーズ目次

前回まで
       ┗main という幹ブランチ
                                        ┗主役具材 Feather-light-Services.html
                                        ┗README.md

今回は、main という幹ブランチの分身、枝ブランチを作成
2021-02-11_07-32
main という幹ブランチは一番偉いご隠居用
about us
作業員用として仮想的に
助さん用ブランチと
格さん用ブランチを作成する
アカウントはvegam57 1つの中なので、あくまでブランチを理解するための仮想的な助っ人への割当

既存ブランチの検索とブランチの新規作成が一緒のボックス内なのがちょっと戸惑う。
2021-02-09_12-01
main という幹ブランチの分身、枝ブランチを2つ作成して、合計3つのブランチになった。
各ブランチの内容物は全く同一状態。
2021-02-09_12-11
格さんブランチ、「main と同一状態」と表示された。
2021-02-09_12-48

一覧画面の方がブランチの格がイメージしやすい。
2021-02-09_12-19
理解したこと
(黒字は今回、青字は前回まで)
  • アカウントは、個人別でも大きなプロジェクトとしてもつくれる
  • アカウントの下にリポジトリ(格納庫)が連なる
  • リポジトリ(格納庫)は開発中アプリ単位でいくつもつくれる
  • 空リポジトリ(格納庫)の作成はお気楽簡単
  • リポジトリ名はスペース不可、最初の格式はmainというブランチ名で自動で付く。
  • main もブランチの1つに位置づけられて表示される(枝というかmainは幹だろうに)
  • まずはmain という幹ブランチに主役具材を格納する。
  • Commit という言葉が出てくるが、これは言わば、リポジトリに対する変更入れ行為、という意味。今回のように、リポジトリに具材を格納しただけでもCommitとしてカウントされる。
  • Branch (ブランチ)は最初はmain という幹ブランチの内容物がコピーされたひとまとまり
  • 枝ブランチはいくつもつくれる
  • 助っ人各自は自分の枝ブランチで修正や追加を行ってゆく
今回の結果、
       ┗main という幹ブランチ
                                        ┗主役具材 Feather-light-Services.html
                                        ┗README.md
              ┗助さん用ブランチという枝ブランチ
                                        ┗主役具材 Feather-light-Services.html
                                        ┗README.md
              ┗格さん用ブランチという枝ブランチ
                                        ┗主役具材 Feather-light-Services.html
                                        ┗README.md
  ┗アプリCのリポジトリ(格納庫)
  ┗アプリ...
  ┗...

私のど素人ぶり丸出し。
次回は、枝ブランチで作業して修正入れしてみる。