Github 超初心者の私が、せめてGithub リポジトリのページがどういうものなのか?を理解するため、
端末の「git」はインストールせず、ブラウザで「github」上だけで体験シミュレーションして使ってみる試み。シリーズ目次

前回まで
                                        ┗README.md

今回は、main という幹ブランチに具を入れる
2021-02-08_17-20

アカウントにリポジトリ「Feather light Services」がぶら下がったが、この格納庫にはまだ自動で作られたReadmeファイルしか入っていない。
2021-02-04_14-30
ここに自分でつくった、これから体験シミュレーションとしてメンテナンスしていく主役具材を格納していく。
具材は単なるHTMLファイル。私はプログラムはできない。
2021-02-09_05-58
ブラウザで開くとこんな簡単な内容のもの。
2021-02-09_05-41

Add file → Uproad Files
2021-02-05_11-08
ファイルを選び、Commit (リポジトリに対する変更入れ行為)の説明文を入れておく。ファイル追加も変更入れ行為とのこと。
2021-02-05_11-15
2021-02-05_11-18
この場で開くと、HTMLタグ編集画面が開いた。HTMLファイルでもタグ編集画面であればプログラムコードっぽい見た目で素人満悦。
編集は次回mainでない分身(枝ブランチ)をつくり、そこで行うことにする。
2021-02-09_06-05


理解したこと
(黒字は今回、青字は前回まで)
  • アカウントは、個人別でも大きなプロジェクトとしてもつくれる
  • アカウントの下にリポジトリ(格納庫)が連なる
  • リポジトリ(格納庫)は開発中アプリ単位でいくつもつくれる
  • 空リポジトリ(格納庫)の作成はお気楽簡単
  • リポジトリ名はスペース不可、最初の格式はmainというブランチ名で自動で付く。
  • main もブランチの1つに位置づけられて表示される(枝というかmainは幹だろうに)
  • まずはmain という幹ブランチに主役具材を格納する。
  • Commit という言葉が出てくるが、これは言わば、リポジトリに対する変更入れ行為、という意味。今回のように、リポジトリに具材を格納しただけでもCommitとしてカウントされる。
  • 2021-02-04_12-25
2021-02-09_06-22
今回の結果、
       ┗main という幹ブランチ
                                        ┗主役具材 Feather-light-Services.html
                                        ┗README.md
              ┗助さん用ブランチという枝ブランチ
              ┗格さん用ブランチという枝ブランチ
  ┗アプリCのリポジトリ(格納庫)
  ┗アプリ...
  ┗...

私のど素人ぶり丸出し。
次回は、main という幹ブランチの分身、枝ブランチを作成してみる。
シリーズ目次