Github 超初心者の私が、せめてGithub リポジトリのページがどういうものなのか?を理解するため、
端末の「git」はインストールせず、ブラウザで「github」上だけで体験シミュレーションして使ってみる試み。シリーズ目次

「リポジトリ」とは、やりたいテーマ別格納庫、初作成
2021-02-11_07-50

つくったアカウントにログインしてから、
2021-02-08_16-00
作成画面、「Feather light Services」というリポジトリ名にした。羽の軽さのサービスリンクをHTMLファイルでつくって、このリポジトリで変更入れ、といった管理をシミュレーションしてみようと思う。
デフォルトPubricで挑戦。
2021-02-08_15-56
タイトルと自動でつくられたReadmeファイルしかない空のリポジトリ(格納庫)ができた。
このリポジトリのCodeタブ画面が、初心者にはハードル高そうな印象を与えてくれるやつだ。
入力したタイトル名にスペースがあると-を自動挿入して正式リポジトリ名にするようだ。
main となっているので、mainでない分身(枝ブランチ)は後日つくることにする。
2021-02-04_14-30

アカウントのページに戻ると、アカウントにリポジトリ「Feather-light-Services」がぶら下がったのがわかる。
2021-02-08_16-21


理解したこと
(黒字は今回、青字は前回まで)
  • アカウントは、個人別でも大きなプロジェクトとしてもつくれる
  • アカウントの下にリポジトリ(格納庫)が連なる
  • リポジトリ(格納庫)は開発中アプリ単位でいくつもつくれる
  • 空リポジトリ(格納庫)の作成はお気楽簡単
  • リポジトリ名はスペース不可、最初の格式はmainというブランチ名で自動で付く。
  • そのmain もブランチの1つに位置づけられて表示される(枝というかmainはリポジトリの幹といった印象だ)
今回の結果、
                                        ┗README.md
  ┗アプリCのリポジトリ(格納庫)
  ┗アプリ...
  ┗...

私のど素人ぶり丸出し。
次回は、main という幹ブランチに具材を入れてみる