Ubuntu Softwareソフトストアでアプリを検索すると同じアプリが2つ出てくるものがある。
スクリーンショット 2020-11-18 08-43-01
スクリーンショット 2020-11-18 07-18-35
1号2号の違いではなかった。
2020-11-21_09-50
ソフトウェアのパッケージ形式により1ブランドに2つのパッケージが公開されているものがあるとのこと。
Deb vs Snap
多機能スクリーンショットアプリのFlameshot を入れたいがどっちにしよか?
(仮に2つともインストールしても問題はでないとのこと)

「ソース」欄のuniverseは伝統的Deb版パッケージ、動作は安心だがメンテナンスは後手に廻されている模様(universeレポジトリはメンテはボランティアさん次第。あれ!、プロプライエタリ(非オープン)でuniverseレポジトリ?、ボランティアさんがメンテできるのかしら?)
Flameshotだとver.0.6で2世代も前
スクリーンショット 2020-11-18 07-19-58

今後の主流?、Snap版パッケージ、メンテナンスが速やかにされる。英語表示のみかも。
Flameshotだとver.0.8
スクリーンショット 2020-11-18 08-21-25
Flameshot に限らずSnap版は起動が遅いと言われていたが、動作改善中。

プレインFirefox はDeb版だが、その後のセキュリティバージョンアップはSnap版から1週間弱遅れてくる印象あり。そのうちプレインはSnap版になるのではと思う。


Flameshotを一旦、両方入れてみて、比較後に一方削除で選んでみる。

Deb版
スクリーンショット 2020-11-27 05-40-34
常駐させて使うものなので自動起動を設定するとPC起動直後にこんなエラーが時折でる。
自動起動からは外し、普通に手動での常駐トリガーに戻した。
2020-11-27_06-00

Snap版
インストールに要する時間がDEB版と比べて長い。
ソフトストア上では許可権限の管理ができることがDeb版との違い。
これもSnapパッケージが推奨される点のようだ。
スクリーンショット 2020-11-27 05-26-27
ただし、Snap版Flameshotでは不具合散見
  • 案の定、アプリの起動が遅い
  • 案の定、UIが日本語表示にならない
  • 自動起動を設定しても自動起動に登録されず起動してこない
  • 撮ったスクリーンショットのファイル保存時、ファイル名を日時で自動補完しない


インストール後のバージョンアップに無頓着利用ならDEB版、迅速セキュリティバージョンアップが重要なアプリはSnap版、がセオリーだろう。また、すぐに削除するようなアプリならSnap版が良さそうだ。コンテナ的でシステムを汚さないらしい。
Flameshot はクラウドドライブへ通信もしそうなのでセキュリティ鑑み、本当はSnap版にしたい。
が、Snap版の不具合鑑み結局DEB版を残した。
2020-11-22_17-33
Flameshot はGNOMEスクリーンショットより随分多機能。






Linux Mint のソフトストアではDeb版と、Snap版でなくFlathub版だ。
スクリーンショット 2020-11-19 10-29-59

使用頻度が低いならインストール不要なappimageのアプリでもいい。
2020-12-07_11-04