ITリテラシーを少し広げたいと思いたち、LinuxのOSに慣れ親しんでゆこうと思う。
それ用のPCを中古で用意した。
これにLinuxを入れて、しばらく使ってみようと思う。

LinuxのOSはいろいろと無料で公開されている。ありがたいかぎりだ。
ただ、用意したPCのCPUが32bitだったので、OSも32bit版を選ばなければならない。
32bitで使えるものは徐々に減ってきているようだ。
定番との純正ubuntuは公式ホームページではもはや64bit版しか公開されていないではないか。

それでもまだ32bitで使えるものは生き残っている
  • 32bit版でもあと2、3年はセキュリティーアップデートなどのサポートが期待できるか
  • 開発元の活動は今後も精力的に続きそうか(公式ホームページから受ける印象)
などの情報を集めながら実際にいろいろ試用してみた
USBメモリーから試用起動し、それぞれの個性を見せてもらう。
なるほど、LinuxのOS選びは楽しいものだった。

以下、選択過程の雑感。

Xubuntu ver.18.04.3
今でも32bit版もあるubuntu公式フレーバー。純正ubuntuに別の「風味」を加えたシリーズのことを「フレーバー」と呼ぶらしい。
32bit版のサポートは21年4月で終了とのこと。
今から32bit版でLinuxに慣れるのが目的ならば最適かと感ずるも、OSデフォルトの設定でタスクバー(Linuxではパネルと呼ぶらしい)が画面上部にあるのが残念。これも含めて慣れるべきか。設定で下にもできるだろうが、最初はOSデフォルトの設定(設計思想)で使いたい。

Lubuntu  ver.18.04.3
同じく今でも32bit版もあるubuntu公式フレーバー。装飾を控えて公式フレーバー中、最軽量が追求されている。ならば末永く軽量32bitを追求してほしいところだが、このLubuntuも32bit版のサポートは21年4月で終了とのこと。内蔵ストレージで常用するにはもう少し最新OSを使っているという見栄えもほしいところだ。

Peppermint ver.10
何やら「Ice」という独自機能でアプリをWEBアプリで代用できるのが特長のようだ。
他とは違う印象を得る派手な色合いは個性的な姿勢を感じ、応援したくもなる。ただ、内蔵ストレージで常用するには私の年齢にはもはや似合わない。

Kona Linux ver.5.0
日本製とのこと。公式ホームページであるGoogleDriveの公開ページでは、翻訳ではないまさに日本語の資料で解説されており感動する。
開発元は個人なのだろうか。日本人として応援もしたくこれにしたいが、この低スペックPCとの折り合いがつかない。

Zorin OS Lite ver.12.4
公式ホームページはパソコンメーカーのようなページだ。ベースは商用のようだが、無料版に32bit版もあるLiteというエディションがある。Coreという64bit版は19年6月にver.15にアップデートされたようだが、Liteはまだ「Zorin OS 15 Lite coming soon」のまま。後手に回っている印象を受ける。サポート期限についての記載が探しだせない。OS自体は無難できれいな印象。

Voyager ver.18.04.2
Linuxに慣れるのが目的だが、macOSの操作感にも慣れさせてくれそうなOSだ。
楽しくて私はPC作業に集中できない。

Linux Mint ver.19.2
無難で面白くはないが、試した中では最もWindowsに近い操作感。これではWindowsと同じでLinuxに慣れるとの私の本来の目的から外れる。がしかし、公式ホームページのダウンロードページにサポートが2023年4月までとあるのが目に止まった。ubuntu公式フレーバー32bit版のサポート期限は2021年4月。Linux Mint32bit版は公式フレーバーより2年も長くサポートいただけるというのか?それとも結局、公式フレーバーと同時に打ち切られることになるのか?今から一番長く使える32bitになる可能性がある。


続きを読む